リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでの素晴らしい写真とコメントが満載です。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がんの情報発信サイト。 日本では最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、サイクリングや写真も取り組まれています。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の前立腺がんの「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。
無料ブログはココログ

« 増位山と満開の梅林 | トップページ | みつまた咲く空山 »

2010年3月17日 (水)

行列のできるかまぼこ工房

【兵庫県姫路市夢前町・10年3月14日】

姫路市の北部、夢前町にヤマサ蒲鉾(株)の工場があります。
その工場敷地内の
「夢鮮館」というかまぼこを試食・販売している施設に行ってきました。
揚げ物を調理しながら販売しているエリアは、たしかに行列でした。
http://www.e-yamasa.com/yumesenkan/index.html
 
また、夢前産のそば『夢そば』を食べさせてくれる店「夢乃蕎麦」が夢鮮館のとなりにあり、いただいてきました。

こちらのヤマサ蒲鉾では、工場見学もできます。
敷地内にある3つの工場で、合計60万パックを1日で生産しているそうです。


<工場入り口で巨大な「かにの爪」が出迎えてくれる>
Img_5147

<「新鮮館」の中では名物『姫路おでん』も販売>
ご存じ、ショウガ醤油で食べます。(今回は食せず)

Img_5139

<『夢蕎麦』が食べられるそば処>
そば粉に夢前町産のものを使用した二八蕎麦で、無添加のだしも売り。
Img_5143

<評判のかき揚げ盛りそば>
久しぶりにソバらしい蕎麦を食べた感じ。コシのある麺が美味しかったです。

となりの夢鮮館で買ったあつあつ揚げたて蒲鉾を、持ち込んで蕎麦と一緒に食べられる。
Img_5150

<最後の仕上げの工場見学>
休日は1時間毎で、予約不要。
ココでも行列です(^^。14時発の見学者はこれくらい。
清潔な工場でした~。
Img_5152

この日は、姫路市内の「増位山」に梅見とハイキング。
その後車で20分ほど移動してヤマサ蒲鉾へ。
試食のかまぼこ・蕎麦もとても美味しかったです。
敷地内の4月15日~5月5日(今年)の芝桜もキレイだそうです。
http://www.e-yamasa.com/shibasakura/index2.html
近場ですが、ちょい楽しめました~。

« 増位山と満開の梅林 | トップページ | みつまた咲く空山 »

コメント

ちゅたさん、こんばんは。

最初の「かにの爪」が、なんだか妙にリアルですね~(笑)

それに蒲鉾も蕎麦もとても美味しそうですね♪
関西の蕎麦というと、関東の私はついつい宇治の茶蕎麦みたいなモチモチっとしたものを連想してしまうのですが、ここのはコシのある麺が特徴なんですね。
関東と関西との蕎麦境界線は飛騨山脈にあると(勝手に)思っていたのですが、必ずしもそうとは言い切れないものなんですね~。

Newmanさん、こんばんは。

蕎麦の話題は関東の方とするのは、最初から負けを宣言しているようです(笑)。

私が過去に美味しかったNo.1は、飛騨山脈よりもちろん東の戸隠です。
何でもない民宿で出された、挽き立て・打ち立て・茹でたての蕎麦は忘れられません。
もう20年以上前ですが、いまだあの味を超えるものは私の中ではありません。
(でもうどんはやっぱり讃岐やな(^^ゞ)
どちらもまた行きたいです!

3年ほど前に行った山口県の青海島対岸の仙崎も蒲鉾が有名です。青海島のペンションもお勧めです。

ころぼっくるさん、こんばんは。

青海島というのは日本海にあるのですね。
初めて知りました。
風景や海が綺麗なところのようですね。

考えてみれば、日本海の島というのは行ったことがありません。
唯一、城崎マリンワールドの遊覧船で、鬼ヶ島みたいなところに渡ったことがあります。5分位かな。(笑)
沖ノ島とか佐渡にもいってみたいなあ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行列のできるかまぼこ工房:

« 増位山と満開の梅林 | トップページ | みつまた咲く空山 »