リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでの素晴らしい写真とコメントが満載です。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がんの情報発信サイト。 日本では最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、サイクリングや写真も取り組まれています。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の前立腺がんの「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。
無料ブログはココログ

« 雨の天橋立 | トップページ | 増位山と満開の梅林 »

2010年3月 6日 (土)

日生で焼き牡蠣

【岡山県備前市日生町・10年3月5日】

今年で4年目となった、自分の中では恒例の日生の「五味の市」と「海の駅しおじ」での牡蠣の炭火焼きです。
今日もたらふく、一斗缶1杯食べてきました~。

<大ぶりの身>
写真のトリミングはしておりません(^^ゞ
Img_5075

<宿をお借りしていたかわいいものが…>
Img_5078

<サザエと貝は醤油を垂らして…たまりません!>
Img_5081

<ワイルドなバーベキューエリア>
女性が2/3位。左側の4人組は薄手の雨合羽着用で望んでいる。
正装である。(ウソ)
とにかく焼き牡蠣ははじけます~。
Img_5086

<五味の市で材料調達>
一番手前のメスの牡蠣は300円と安い…。
…ではなく牡蠣の貝を割るための刃物の値段です(^^。
Img_5089

<ご飯の見えないお弁当です>
Img_5094k

ここのバーベキューは、なんでも持ち込みOKです。
通常は向かいの「五味の市」で牡蠣を購入し、ポリ袋に入れ両手にぶら下げて入場するのが正式な方法(^^;。
土日は30分~1時間位の待ち時間があります。
4人で2~3,000円も食べれば満腹です。
今回は期間限定の正式デザート(?)カキフライソフトは省略です~。

★持っていくとよいもの
軍手、使い捨てエプロン(焼いた牡蠣がはじける)、バター、レモン

★用意してあるもの
軍手(卓に2セットのみ)、醤油、塩、メス、割箸

« 雨の天橋立 | トップページ | 増位山と満開の梅林 »

コメント

ちゅた様 こんばんは、一枚目の写真はナニコレ珍百景に出せそうな牡蠣ですね。3月中で間に合うようでしたら行ってみたいです。

ころぼっくるさん、こんばんは。

今回は平日に行けたので、のんびりとしかもたっぷりと食べてきました。
いつ行っても美味しいです!
まだ大丈夫ですよ~。

日生[ひなせ]に行かれたんですね。

バーベキューはしませんでしたが、何度か「五味の市」には行ったことがあります。なつかしいです。メスって、あの医者とかがう使う「メス」だったんですね・・・

それにしても、かきゴロゴロ弁当って^^;;;;;

広島に負けないカキ一色ぶりですね。カキ好きには聖地に違いなさそうです。新鮮な魚介類に恵まれるのも、瀬戸内の風情ならではですね。

雨合羽の謎が気になります^^;

あーもー牡蠣大好きで~す。
 
殻からはみでゃ~て、どえりゃ~できゃ~なも・・・。
ま~ちょっとちかけりゃ~、はよいかなかんわ~~。
 
それにしてもすごいおおぶりですね、
あの殻の中にどうやって納まってたのかな?
三重県の相差には牡蠣を食べに行った事ありますが、
インパクトが違いますね・・・、
岡山か~、ちょっと遠いな~・・・

いそしずさん、こんばんは。

そう、日生は聖地ですね。
中にはおなかを壊す人もおりますが(^_^;)、それでも食べに行きたいという牡蠣好きもいます。

今年は、昨年の水害で川の増水が牡蠣の養殖に災いしてなければいいなあと思いながらいきましたが、まずは大丈夫のようです。

雨合羽は、牡蠣を焼いたときに「パーン」って音と共にはじけるのでその防止のためです。
今回も服も汚れましたが、カメラも撮影中にレンズにべっとりとついてしまいました。
あればとても有効なツールと思います~。

jion-beeさん、こんばんは。

jion-beeさんも牡蠣お好きなんですね~。
牡蠣の場合は、好きな人はとてもマニアック的な感じがします。私もその一人ですが…(^^)。

三重県て言えば、桑名の焼きハマグリを思い出します。
とても美味しいですよね~。
浜松のうなぎとか、中京圏も美味しいものがたくさんありますね。
名古屋の味噌料理も大好きです~。

ちゅたさん
今年の旬は、終わりですか?来年、連れってください。
室津のときより大きくなっていますね。
電車で行って、たらふく酒を飲むのもよいですね。

小豆島への行き帰りは、ほとんど日生でした。
しかし五味の市には出くわしたことがありません。

                   まもる

まもちゃんさん、こんばんは。

五味の市は、日生港より1kmほど西へ行った所です。
今度ご案内します。
近くの山とセットで行っても楽しめます。
あのあたりの山は、相生の天下台山のように標高は低いですが、どこに行っても瀬戸のステキな海を望めますのでおすすめです。
とにかく日生は牡蠣好きにはたまらないところです~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日生で焼き牡蠣:

« 雨の天橋立 | トップページ | 増位山と満開の梅林 »