リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでの素晴らしい写真とコメントが満載です。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がんの情報発信サイト。 日本では最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、サイクリングや写真も取り組まれています。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の前立腺がんの「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。
無料ブログはココログ

« 行列のできるかまぼこ工房 | トップページ | 菜の花と千種川 »

2010年3月20日 (土)

みつまた咲く空山

【兵庫県宍粟市千種町・標高901m・10年3月20日】

 

<もうすぐお出ましか>
バックは後山。
Img_5154

 

 

 

<空山の空>
左は石でできた「平成之大馬鹿門」。
青空は望めませんでした。
Img_5169

 

<山頂より岡山県最高峰の後山>
ほぼ北面を望むが、意外と雪は少ない。
Img_5158

 

<みつまたはつぼみがたくさんあった>
Img_5239

 

<ふきのとうは食べるにはもう遅い>
小さい数株をお土産にいただきました~。
Img_5265

 

<千種川のネコヤナギ>
Img_5272

 

<奥は沈下橋>
Img_5286

 

千種町魚町公園P10:00→山頂広場ベンチ→峠→空山(山頂)11:05(昼食)12:25→池田→(県道)→魚町公園P14:30

 

シーズン最後の雪を楽しみにしていたのに、山頂にも全く雪はなく、ぽかぽか陽気でした。

この山にある巨大な石の建造物は、京都のさる大学に設置してあった「平成之大馬鹿門(2個セット)」です。
当時、すったもんだの末、この空山と後山の稜線にある大甑岩(おおこしきいわ)に平成9年に移設されました。
向かいのもう一つは、肉眼では見えませんでした。
結構でかいです。この山中までどうやって運んだのでしょうか?

山頂の展望はほぼ360度。
しかし、まわりの後山(1,345m)、三室山(1,358m)、植松山(1,191m)などの山々の方が高いので、まるで北アルプスの雲ノ平のようです(^^ゞ。

« 行列のできるかまぼこ工房 | トップページ | 菜の花と千種川 »

コメント

里山の春ですね、セツブンソウの次は福寿草を見に行ってきます。

ちゅたさん、こんばんは。

空山登山、お疲れさまでした。夕方からは風も強くなって天気も悪くなりましたが、本当に暑いくらいの天気でしたね。雪も少なかったようで残念です。寒い日も多かった気がしますが、やはり暖冬傾向なのでしょうか。。。

900m以上と、まずまず高さのある山ですが、1時間と少しで登られたようで、気軽に登れそうですね。

本日(3月20日)は姫路にいたのですが、明日(日付変わって今日)から東京・横浜へ行ってきます~^^

ころぼっくるさん、こんばんは。

明日は、藤原岳ですね。
天気が良さそうで何よりです。
今年の兵庫県の山は、残雪がとても少ないようです。
藤原岳の雪と福寿草の両方が楽しめたらいいですね。
お気を付けて~。

いそしずさん、こんばんは。

空山は標高が901mですが、登山口が500m位のなので楽勝で登れます。
少しわかりにくいところがありますが、テープがあるので大丈夫です。

一つ残念なのは、池田方面への下りで「金くそ」に会えなかったことです。
砂鉄を溶かして鉄を精製した痕跡だそうです。
また来て下さいということかもしれません~。

ちゅたさん、こんばんは。

空山とは、清々しくてとてもいい名前の山ですね。
標高901メートルといえば結構な高さですが、それでも高峰に囲まれた雲ノ平のような感じなんですね。
とっても判りやすい表現なので、かなりイメージがわきました♪
それにしても、兵庫県には本当に個性的な山が数多くあるのですね!

蕗の薹といい、ミツマタといい、菜の花といい、もうすっかり春の様相ですね。
これからの季節、久しぶりに私も野山歩きをしに出掛けてみたくなりました〜。

ミツマタと言うと、和紙を作る材料ですか。良く聞く名前ですが、気をつけて見たことがありません。自生しているのですか。写真で見ると枝が三つ又になっていますな~
neko

Newmanさん、こんばんは。

空山(そらやま)のいわれは知りませんが、楽しい山でした。雪があればもう少し楽しめたかもしれません。
写真にもある「後山」は3度ほど登りましたが、山の姿がこんなにかっこいいのを初めて知りました。
さしずめ「黒部五郎」ってとこでしょうか(^^。

ワラビの出そうなところがありました。
春は山菜に欲に目がくらんで、道迷いとかになりそうな私です(笑)。

neko4441さん、ご無沙汰しております。

ミツマタはたぶん自生だと思います。
和紙や今でも紙幣に使われているそうです。
ご存じと思いますが、写真は蕾ですが花もとてもキレイです。
このあたりの山では時々見ることができ、いつ見てもすべての枝がほぼ完全に三つ又になってます。
なんだか不思議な気がします~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みつまた咲く空山:

« 行列のできるかまぼこ工房 | トップページ | 菜の花と千種川 »