リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでの素晴らしい写真とコメントが満載です。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がんの情報発信サイト。 日本では最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、サイクリングや写真も取り組まれています。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の前立腺がんの「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。
無料ブログはココログ

« 日生の牡蠣と備前焼 | トップページ | わかめ採り »

2009年2月 8日 (日)

百丈岩と鎌倉峡

【兵庫県神戸市北区・標高292m・09年2月8日】

 

標高は低いが、クサリ場やロープ、カスガイがあちこちにあり、ロッククライミングやちょっとした沢登りの気分が味わえて楽しめるコースでした。

 

<百丈河原駐車場10:15→(ピストン)→百丈岩→鎌倉峡→鎌倉峡出合→青石古墳→平田配水場→セミナーハウス付近13:10(昼食)14:20→狭い階段→百丈河原駐車場(14:55)

 

<百丈岩>
思ったより大きなスケール。奥穂のジャンダルムを思い出す。
P1030559k

P1030574

<百丈岩上部と水道タンクを望む>
形の良い松。ピンクの松もある…(枯れているだけです)
P1030584k

 

<鎌倉峡>
滑りやすいところや、ヘツリ気味の所、ルートが分かりにくいところもある。
雨の多い時期は難儀しそうだ。
P1030589k

P1030593

P1030596

<春を感じるネコヤナギ>
途中にセリも生えていた。もう山も春です~。
P1030598

<見た目より危険ではない>
P1030590

<結構急です>
P1030601

<こちらは急なだけでなく、異常に狭い>
…というより、狭くしてある。デブはムリ(^_^;)。なぜ?
P1030602

<百丈河原にあるブランコ>
少し乗ってみたかった…。
P1030603

 

<コース> ※クリックで拡大
Photo

« 日生の牡蠣と備前焼 | トップページ | わかめ採り »

コメント

毎週末の土曜、日曜の夜はちゅたさんのブログを拝見
するのを楽しみにしています。
今日も1回目を18時頃に、次に21時頃パソコンを見ましたが入っていなく、今23時過ぎにやっとこの”百丈岩と鎌倉峡”を見ることができました。
標高は低い山ですが変化があり面白そうなコ-ス
ですね。 又、いつか案内してください。

☆北区だったら衝原湖付近に車を置き、里山を歩いて
 本コ-スに行ってもいいかも!

百丈岩と鎌倉峡のを見て懐かしく思いました。
福知山線の道場か神鉄の道場で降りて行ったことあります。
百丈岩はロッククライミングをしていた人いました。
鎌倉峡は美しい思い出はなかったです。
生活用水が流れ込んで 今良くなっているのでしょう
岩ツバメが飛んでいましたが
いい思い出ありがとうございました。
ちゅたさんのこれから活躍を期待して待っています。

となりのトトロさん

いつも見ていただいてありがとうございます。
また是非ご案内させて下さい。
場所は神戸市北区ですが、衝原湖よりはだいぶ東方になります。むしろ三田市の千刈貯水池に近いところです。
わかりにくいので、新たに地図をアップしておきます~。

腰痛のおじさん

百丈岩と鎌倉峡は、六甲山系(北摂に属すかも?)の中では、変わったコースで楽しかったです。
水の綺麗さよりも鎖・ロープ等満載で、沢登りのような面白さが味わえました。(少し難儀しましたが…)
また、ネコヤナギやセリなどの春を感じる植物にも出合えて、とても癒される一日を過ごせました~。
車で行くと1時間以内と意外に近いのもイイです。
また行って見たいと思っています。

沢登りは滝畑の上山谷でシャワークライムのツアーに参加しただけです。一度歩いてみたいところですね。

ころぼっくるさん

鎌倉峡は沢登りではなく沢づたいに歩くだけですが、もっと遊歩道のようなものと思っていただけに、楽しかったです。
でもコースは数年前の台風で少し荒れている感じがしました。
車でも、電車でも行けますよ~。

鎌倉峡は18才頃、職場の仲間を誘いテント泊して有馬に抜けたことを思い出します。そのとき直径1mぐらいのなべをスコップで書きまわす「すき焼き」を見て豪快だな、と感心しました。その後も数回は歩いていますが、百丈岩は挑戦したことがありません。

まもちゃんさん

直径1mのすき焼きを食べてみたいものです。
その鍋はどうやって持っていったのでしょうか?想像すると笑ってしまいますねえ。
でもそんな大人数ですき焼きをすると本当に楽しいでしょうね。

百丈岩は挑戦というのではなく、普通のコースにくさり・ロープがたくさんあるだけです。
ロッククライミングのコースもありますが、よう行きませんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百丈岩と鎌倉峡:

« 日生の牡蠣と備前焼 | トップページ | わかめ採り »