リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでの素晴らしい写真とコメントが満載です。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がんの情報発信サイト。 日本では最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、サイクリングや写真も取り組まれています。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の前立腺がんの「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。
無料ブログはココログ

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月21日 (土)

仙人滝から笠形山

【兵庫県神崎郡市川町・標高939m・09年2月21日】

 

雪を求めて兵庫県中部の播州富士といわれる笠形山へ。
前日の冬型の気圧配置で、期待した雪はまずまず。

前回に行ったのは、98年2月で11年ぶり。その前は97年2月にも行っている。その頃は他の山の情報があまりなく、行く山も限られていた気がする。
Niftyのパソコン通信でテキストだけの記事を書いていたのもその頃…。

 

<瀬加仙人滝コース駐車場10:45→仙人滝11:30→鹿が原12:20→笠の丸→笠形山12:45(昼食)13:45→笠の丸→笠形神社14:15→笠形寺→大鳥居→瀬加仙人滝コース駐車場15:10>

 

<仙人滝>
滝の一部は凍結している。
P1030810

P1030819

 

<積雪は頂上で10cm程度>
思ったより少ない…。
P1030825

 

P1030827

<鹿が原>
鹿はいなかったが、足跡はいっぱい。
しかし人の足跡はなく、雪道に自分だけの足跡を付けていくのはとても楽しい
P1030828

 

<笠形山頂上より>
P1030839

 

<展望は今ひとつ(南方面)>
天気次第で、明石海峡大橋、四国も見えるとのこと。
今日の山頂は風もまったくなく、1時間ボーッと過ごす。
P1030842

 

P1030843

 

P1030844

 

<笠形神社への下り>
樹林帯を抜け、展望が開けたところ。
P1030846

 

<雪の笠形神社>
P1030847

 

P1030851

 

P1030853

 

<杉林>
世界遺産の姫路城昭和大修理の際は心柱をこの神社から供出されたとのこと。
まだ樹齢800年位のものは残っている。
P1030856

 

<駐車場付近から笠の丸方面を望む>
P1030859

 

<ふきのとう>
この時期のお約束…。
春の山菜の一番バッター。
でもこの3つしか見つけられなかった~。
P1030864

 

<ルート図>
※クリックで拡大
Photo

 

 

 

 

2009年2月15日 (日)

雌岡山梅林

【兵庫県神戸市・標高241m・09年2月15日】

 

朝から娘達の自転車を手入れしていたら、陽気に誘われて走ってみたくなり、近所の雌岡山へ。ちょうど梅が満開でした。

 

<雌岡山梅林>
P1030675_7    

 

Ts2b0516

 

Ts2b0518

 

P1030669

 

P1030655

 

P1030662

 

Ts2b0519

 

P1030670

 

<水仙はもう終わり>
Ts2b0527

 

<梅林でのおまけ>
Ts2b0524

 

P1030660

 

<いただきもの>
まさに本醸造そのもの。好きな甘口でかなりの美味しさ。
P1030657

 

P1030674

 

 

 

Ts2b0532

 

<雌岡山頂上より雄岡山を望む>
P1030643

 

<雌岡山山頂より、淡路方面を望む>
今日は淡路島も明石海峡大橋も見えない。
P1030645

 

<往路で見つけた店>
特産のヨウカンや映画「眉山」のパンフ等を置いていた。
近所なのに、車で通りすぎるだけで気がつかなかった店。
P1030642

 

<突然…ザボン>
「あさの」で買った。すっぱくなく、味も濃くて美味しかったです。
P1030659

 

梅を撮っていたら、カメラの電池切れ…(^_^;)
途中から携帯電話での撮影です。

 

今日も汗が出るくらい暑い日。この先どうなるのだろう…。
景気も同じ…。
遊んでばかりいないで、明日のために書類の一枚でも作るかぁ~。

2009年2月14日 (土)

わかめ採り

【兵庫県明石市・09年2月14日】

前日の強い南風で、わかめが海岸に打ち上がっているとみた。
シーズンには少し早くまだ小さいがその分やわらかい。予想通りたくさん採れた。

<南風は良い方向…>
この海草の山(ゴミではない)や、そこいらの海岸に打ち上がっている。
P1030616

<1m以上のも>

水は結構キレイです。
P1030619k

<収穫は、バケツ1杯半>
なぜ、タダのものを収穫するのはこんなに楽しいのでしょう。
なんだかとても癒される作業でした。
P1030621

<明石海峡大橋と淡路島を望む>
今日は大変暖かく、もやか黄砂でかすんでいる。
P1030625

<一部は干した>
海水で洗ったまま干す。(真水で洗ってはダメ)
ベランダに磯の香りが…。あっという間に小さくなる。
P1030632

<メカブ>

この時期は茎の部分もやわらかい。
P1030639k

自作の道具も持参したが、拾うだけで十分な量を確保。
お昼はスパゲティに、夜はわかめしゃぶしゃぶ。あっという間に無くなった。
あとは、干したり茹でて保存しておく。

出会った地元のおばあさんに調理方法等を教えてもらう。季節のものや地のものは、その地域のお年寄りに教わるのが一番!
最盛期は3月頃とのこと。また行くぞぉ~!

2009年2月 8日 (日)

百丈岩と鎌倉峡

【兵庫県神戸市北区・標高292m・09年2月8日】

 

標高は低いが、クサリ場やロープ、カスガイがあちこちにあり、ロッククライミングやちょっとした沢登りの気分が味わえて楽しめるコースでした。

 

<百丈河原駐車場10:15→(ピストン)→百丈岩→鎌倉峡→鎌倉峡出合→青石古墳→平田配水場→セミナーハウス付近13:10(昼食)14:20→狭い階段→百丈河原駐車場(14:55)

 

<百丈岩>
思ったより大きなスケール。奥穂のジャンダルムを思い出す。
P1030559k

P1030574

<百丈岩上部と水道タンクを望む>
形の良い松。ピンクの松もある…(枯れているだけです)
P1030584k

 

<鎌倉峡>
滑りやすいところや、ヘツリ気味の所、ルートが分かりにくいところもある。
雨の多い時期は難儀しそうだ。
P1030589k

P1030593

P1030596

<春を感じるネコヤナギ>
途中にセリも生えていた。もう山も春です~。
P1030598

<見た目より危険ではない>
P1030590

<結構急です>
P1030601

<こちらは急なだけでなく、異常に狭い>
…というより、狭くしてある。デブはムリ(^_^;)。なぜ?
P1030602

<百丈河原にあるブランコ>
少し乗ってみたかった…。
P1030603

 

<コース> ※クリックで拡大
Photo

2009年2月 1日 (日)

日生の牡蠣と備前焼

【岡山県備前市・09年2月1日】

JR伊部駅周辺の備前焼を散策の後、日生の五味の市に。
たっぷり焼き牡蠣をいただきました。

<備前焼の窯元「伊勢崎満」>
ウインドウショッピングのみ~♪
P1030531k

<「日生甚九郎市」のお祭り>
P1030534k

<さっそく炭火で焼き牡蠣>
例年通りかなりの身の大きさ。他にホタテ貝、サザエも焼いていただく。
2人で4.5kg(殻付き・1,000円・安い!)を食べました。
P1030536

<新発売の牡蠣フライ、いも天ソフト>
当然、醤油をかけて食べる…ホントです。
味は…そう、そのまんまです(^_^;)
でも意外と醤油とソフトクリームはあってる気がします。
P1030542

<ホタテ貝の貝殻の山>
牡蠣のタネを付けて養殖する。
P1030543

今日は「日生甚九郎市」という祭りもあって、備前から日生方面の国道250号線は伊部方面から4kmの渋滞。
でも地元の牡蠣料理の屋台もたくさん出てにぎやかでした。
日生の焼き牡蠣もこれで3年連続ですが、やはり行ってよかったぁ♪♪

この後、日生の牡蠣祭りが、周辺では一番遅く2月22日(日)です。行かれる際は渋滞を覚悟した方がよいです。
今日も赤穂牡蠣祭りでしたが、山陽道赤穂IC出口が渋滞していました。本当に牡蠣を味わいたいなら、祭りをやっていない日がよいかも…。

http://www.i-setouchi.org/wp-content/uploads/kakimatsuri%20ura.jpg
↑JR赤穂線沿線の一連の牡蠣祭りのパンフです。

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »