リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでの素晴らしい写真とコメントが満載です。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がんの情報発信サイト。 日本では最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、サイクリングや写真も取り組まれています。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の前立腺がんの「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。
無料ブログはココログ

« 西お多福山 | トップページ | 京都(嵯峨野・哲学の道) »

2008年11月 2日 (日)

鞆の浦

ポニョの里<広島県福山市・08年11月2日>

坂本龍馬や、映画「男たちの大和」で有名な鞆の浦(とものうら)。
今年はもっぱら「崖の上のポニョ」で盛り上がってました。
宮崎駿監督が製作前に2ヶ月間滞在したらしいです。

■鞆の浦

<サヨリ>
こういう景色はホントに美味しそう。
P1020469

<現役の道具>
サスペンションを見るとベビーカーを改造したモノではないような…。
車輪も大きく走行性能も良さそうだ!
とにかく魚にやさしそう…。
ちょっとほしい~。
P1020483

<そーなんや~>
800円?試食のみ(^^ゞ。
P1020481

<そーなんや~②>
試食せず(-.-)
P1020474

<保琲>
ホーヒー??
与作?? あれはヘイヘイホーやでぇ。
このあたりで有名な「保命酒(ほうめいしゅ)」を珈琲に入れたモノだそう。
この地であちこちに売っている保命酒は16種類の薬草が入った甘いモノ(試飲した)で、少なくともやけ酒には絶対向きません!(でも酒粕買った。何に使う?)
保琲は試飲せず。
P1020536

<鯛茶漬け>
これは鞆の浦では必須です。
絶品でした
他の「鯛のかぶと煮定食」と「地物(小魚の天ぷら)定食」も美味しかったぁ。
P1020537

<鯛茶漬けを食べた「潮待ち茶屋」>
料理が出てくるまでは長いけど、こだわりがありオススメ。

P1020548

P1020545

<他に美味しそうな店も>
P1020498

<ほとんどの店に共通なものが>
青いのれん→ポニョです。
P1020504

<崖の上の…>
P1020475

<崖の上のお寺(対潮楼)>
このあたりは、こんな崖…ではなく石垣が多い。
P1020492

<崖の下のオキザリス>
P1020587

<坂本龍馬・海援隊のいろは丸にちなんだ所>
P1020489

<ひなびた感じの町並み>
レンタサイクル(100円/2H)もあるが、歩いても回れる。
P1020500

<嫁と娘>
娘は、この町に住みたいと…。
少し田舎の、ちょっとひなびた感じが好きな高校生です。
P1020505

<一枚板の壁>
P1020524

P1020523

<ネコバス?>
ジブリの見すぎです(笑)。でもポニョは見てないです(^_^;)
見よっと♪
P1020470

P1020471

<雑貨店もある>
P1020526

P1020528

<左上の木がこんもりした所の屋根が見えてる家>
宮崎監督が2ヶ月滞在したところです。
P1020513

■仙酔島(すいせんとう)鞆の浦から、船で5分の島。

<市営の渡船(往復240円)>
P1020562

<渡船の船内>
P1020556

<仙酔島の海岸>
P1020568

<仙酔島の崖>
宮崎監督はこの島にも頻繁に通ったとのこと。
P1020574

■山陽自動車道

<吉備SA・下り線>
P1020465

<看板>
よく見ると電柱の電灯とか、看板のサビ具合が凝っている。
「三丁目の夕日」の影響?
P1020466

<今回の細かい発見>
ETC利用で今年9/20から休日の50%引きが実施されています。
また従来あった通勤割引の50%引きもあります。
共に1日2回までで100km以内に限るとありますが、それぞれ同時に使用できるかが疑問でした。

今回の走行距離は片道150km程度ですが、休日割引が9時-17時で、通勤割引(休日もOK)が6~9時と17~20時なので…
・組み合わせるとど~なんや?
・いったいどうなっとんや??
・責任者出てこい!
・日本はどうなっとんやぁ!!
・ええかげんにせい!!!
…てなことで(?)一人で目が血走ってても、たかが小心者のため責任者と喧嘩する勇気もなく、しょうがないので実際やってみるしかない…。(電話すりゃ済むやろ?)
でも思い通りに全て50%引きで走行できました。
・朝9時までに姫路西ICに乗る。
・姫路西ICから100km未満の玉島ICで一度出る。(ここまでが通勤割引・たぶん)
・料金所を出てからUターンして再度乗る。(逆向きに乗らないこと・前に乗った・笑)
・福山東ICで出る。(玉島ICから休日割引・たぶん)
・帰路は17時までに最初の料金所を通過する。あとは同様

知っている方は、当たり前ですよ!って言われるかもしれませんが、Webを見ても分かりにくいです。(わざとかぁ?)
つまりそれぞれ1日2回(通勤は午前と午後)の割引を同時に1日4回使えることが分かりました。【※正確にはわかりません!】

今回は、往復約7,700円位のところをTOTALで半額で走行できました。
一度ICを出る手間はありますが、昼食代位は浮いた勘定ですね~
でもややこしいなあ!はよ1回1,000円にせなあかんで~
一律無料でもええけど、税金上がったらかなわんしなぁ。

« 西お多福山 | トップページ | 京都(嵯峨野・哲学の道) »

コメント

いつも素晴らしい写真、記事有難うございます。
鞆の浦は来島海峡かと思っていました。福山市とは知りませんでした。
しまなみ街道を渡るときは福山を素通りしました。
サヨリの一夜干を軽くあぶって一杯やりたいです。涎が湧いてきます。
車だったら飲めなかったでしょう。お嬢さん達もご一緒だったのですね。
天気も好かったでしょう。私は久しぶりにクリーンハイクに参加してツエンティクロスから徳川道→摩耶山→上野道と歩きました。今日は筋肉も張らず、自転車も軽くなって少しずつ脚力も戻っているような気がして気分をよくしています。

長々としたブログを最後まで読んでいただきありがとうございます。
鞆の浦はご多分に漏れずテレビ、映画の影響は大きく、観光の目玉にもなっていました。
昔は遊郭もあり、もっと観光ズレしていると想像していたのですが、町全体は金儲けには走らず、昔のままのマイペースの方もいっぱいおられた感じに見えました。
何気なく娘が「住んでもいいなあ」と洩らしたのはその辺もあったのかなと感じます。

いつも六甲山を歩かせていただいていますが、せめて一度はクリーンハイクに参加させていただきたいと思っております。機会を見つけてお願いします。

体調がよくなっているとのこと。何よりです。急がずゆっくり治して下さい。
またご一緒できる日を楽しみにしております。

私も15年程前に鞆の浦に行き仙酔島に渡り、島の周囲を散策した時は
その景色に感動しました。
片方は岩壁で反対側は海岸、その間に長~くくねくねと続く散策路、どこまで歩いてもあきない今まで見たことのない風情だったことを今も鮮明に記憶に残っています。

☆今迄、東京以西の名所、又、絶景の場所等各地へ行って来たので要望が あれば情報を提供致します。
(偉そうなことを言って申し訳ありまん。)

となりのトロロ様

コメントありがとうございます。
行かれたのは15年前だったんですね。
仙酔島の遊歩道は、100m程行ったところで台風の波で壊れてしまって通行止めでした。
もっと先まで生きたかったです。でも何にもなくていい感じでした。1日ボーッとしてもいいかもしれません。

今まで行かれたところは、その時の雰囲気、気持ち、臭い等々を込めてご自身で綴られてはいかがでしょうか。
もしよければ使い方を説明させていただきます。是非!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鞆の浦:

« 西お多福山 | トップページ | 京都(嵯峨野・哲学の道) »