リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでの素晴らしい写真とコメントが満載です。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がんの情報発信サイト。 日本では最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、サイクリングや写真も取り組まれています。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の前立腺がんの「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。
無料ブログはココログ

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月27日 (土)

相生・室津

室津で海鮮バーベキュー(相生→室津→羅漢の里)

先週に引き続き西方面へドライブ。
彼岸花が満開で暑いのか涼しいのかわからない中途半端な気温。
しかしボチボチ秋の味覚が登場しています。
さっそく大好きな蠣(柿も好き)を殻ごと焼いて食べてきました。


<白龍道の駅/海の駅>
相生と言えば造船、ペーロン、牡蠣…。
ここはあちこちに増えてきた産地直売の店。結局、いつも行ってる神戸ワイン城の「六甲のめぐみ」に買い物に行ったような…(^_^;)
でも道の駅は分かるけど海の駅って何なんでしょう?
P1020170

<海鮮バーベキュー・室津「掘市」>
事前に魚を選んで、レジで会計を済ました後は自由に焼く。
牡蠣の他にホタテ、イカ、鯛、アナゴ丼、チリメン丼、かにの味噌汁等をいただく。
ヤッパリ相生なら牡蠣ですね
今日は家内のBirthdayなので、私のおごり…。でも安いです(^_^;)。
P1020179

<ロケーションのよい掘市>
魚を焼く網が共有なのが残念。
その点、日生の五味の市は景色はないけど、マイ網(テーブル毎に炭火あり)で良い。
P1020187

<もうすぐシーズンの牡蠣>
「万葉の岬」より
P1020195

<やはり穏やかな瀬戸内海>
この景色だけで癒される。
P1020193

<羅漢の里>
「ふるさと兵庫50山+8」の三濃山の登山口
もう少しで案山子祭り、と紅葉。
P1020196

2008年9月23日 (火)

白岩山

兵庫県神崎郡・標高973m・晴れのち曇・08年9月23日
(ふるさと兵庫50山+8番外編)

 

昨年から行きたいと思っていた白岩山。
道中や登山口付近の彼岸花が満開であったが、暑い一日であった。
その暑い中、山頂の木陰で季節外れのしゃぶしゃぶ+ビール(^^)。
しかし運動量以上に食い過ぎやなあ~。

 

登山口P10:45→東コース→山頂12:05(昼食)14:20→西コース→登山口P15:45

 

<山頂より猪篠地区の千枚田を望む>
P1020154

<山頂付近と左後ろは播但有料道路>
登山口にあったガイドには「巨岩を配した自然の造型、山上の楽園」とある。
まあ、それはそれで…。
展望はまずまずで、千が峰や笠形山がきれい。
P1020156

2008年9月20日 (土)

金比羅山

<9月20日>
ETCで有料道路が今日から土日祝が乗用車半額に。
また瀬戸大橋や明石・鳴門海峡大橋も9時~17時まで半額。
ってことで、急に思い立ち讃岐の金比羅山まで行ってきました。

神戸 玉津IC 8:20→姫路西IC→倉敷JC→与島P→善通寺IC→金比羅山
善通寺IC→高松→大鳴門橋→淡路島→明石海峡大橋→神戸垂水IC 18:30
(約430km走行)

<瀬戸大橋と讃岐富士(右端)>
P1020053

<ガラガラ…>
P1020052

<瀬戸の波は静か…>
P1020054

<与島パーキングへのジャンクション>
P1020056

<満濃池>
ダムで出来た池でした。
P1020069

<こんぴらレトロ街道(正式名)の商店街>
P1020072

P1020075

<参道にあるお酒の資料館>
P1020078

<場違いな「ゴーヤハウス」…>
中を見ると廃業していた。
P1020079

P1020080

Sp1020093

<懐かしいなつめ>
香川名物とある。大きいのは長さ5cm…
好きなので買った(^^ゞ
P1020082

P1020083

P1020094

P1020095

<船の安全を守る神様です>
P1020096

<讃岐富士を望む>
Sp1020102

Sp1020107

<金比羅山から瀬戸大橋を望む>
Sp1020108



Sp1020106

<楽ちんな方法も…>
P1020118

<じゃこ天>
@120円~買った(^^ゞ
P1020122

P1020123

<琴平電鉄>
P1020126

<高松自動車道より讃岐富士>
P1020137

<帰路の明石海峡大橋>Sp1020141

讃岐うどん

四国まで讃岐うどんを食べに行ってきました。
前日は倉敷に行く予定が、当日朝に急に讃岐に変更。
行き当たりばったりで、2軒寄ってきました。

<1軒目…山の家(仲多度郡まんのう町)>
道路沿いの手書きのかんばんにつられて…これはレアだぞ!
と細い道を行くと…、ありました。
近所のおばさんが二人でやっている(感じ)でした。来ていたお客は近所のおっさんとその孫達。
セルフの具(ネギ、天かす、大根おろし、ショウガ)の脇になぜかラムネ菓子が…。
麺は…。う~ん、しこしこではないなあ。少しがっかりなのが本音。
レアに走りすぎたか…(^_^;)
P1020062

<かま玉(小)>
P1020066

<冷やしうどん(大)>
P1020067

<2軒目…長田うどん(仲多度郡まんのう町)>
同じく冷やしうどん(大)
自分でショウガをおろします。
これやぁ!讃岐うどんのしこしこ!!!
ダシは小魚でこれが好みにあっていい感じ。
釜揚げ専門とあるが、私はこの冷やしうどんがよかった!
P1020129

P1020132

2008年9月 6日 (土)

生石が峰

<和歌山県海草郡紀美野町・標高870m・晴れ時々曇り一時雨・単独・08年9月6日>

今日は、コブクロのコンサート(25,000人参加)が和歌山で開催され、娘とその友人を連れJR和歌山駅まで同行。
コンサートが終わるまでの間、ススキで有名な生石が峰に登ってきました。
頂上付近のススキは少し早かったけど、途中の山里の雰囲気がとっても感じよかったです。

JR明石駅5:41→JR和歌山駅8:37→(電車)→JR海南駅8:52-9:20→(バス)→登山口9:50
登山口9::55→福井峠→小川宮10:35→大観寺11:05→笠石12:05→山頂12:30(昼食)14:20→生石神社14:40→ぶどう園→北野集落→小川宮16:00→福井峠16:30→登山口16:45(緑色は歩いたコース)
登山口17:00→JR海南駅→JR和歌山駅(合流)19:19→JR明石駅21:37

<和歌山駅やその周辺は大変な騒ぎ>
登山口までのバスの運転手さんによると、近郊や大阪から100台のバスを集めた。
ご自身はたまたま路線バスの当番だったから免れたが、運転手さんはみんな駆り出されたそうです。
Cimg0043

<小川宮にある案内図 >
P1020004

P1010966

< 山椒の産地>
知りませんでしたが、あちこちに栽培されていました。
P1010968

<閉鎖された国民宿舎>
P1010969

P1010970

<笠岩から山頂を望む >
P1010972

<笠岩付近の「山梨」? >
P1010973

<ススキは少し早い>
その分人も少ない。
P1010976

P1010977

<<味のある案内図>
P1010979

<山頂を望む>
P1010980

<山頂の一等三角点>
山頂を表すかんばんはない。
P1010982

<雨上がりの山頂より>
このガスの向こうで、コブクロのコンサートをやっている。
P1010985

<山頂に生えていた季節外れのけなげなワラビ>
P1010984

<立派な杉の植林>
P1010988

<生石神社>
裏の岩が大きい。垂直というよりオーバーハングしている感じ。
西暦989年8月10日の夜、突如大岩(高さ48m、幅15m)が出現し、神が降臨したそうです。
「しょうせき神社」と読む。
P1010990

<和歌山はやっぱり「みかん」>
山頂と山里をバックに。色づくのはもう少し。
隣は山椒の木。
P1010996

<山椒の実>
赤くてキレイ。やはり山頂をバックに。
何故か昔から、山椒大好きです!
P1010999

<右側はやはりみかんの木>
P1020003

<ナツメ>
食べたかったけど…。
P1020001

<小川宮>
P1020006

<町民用のふれあい号>
最終便の16:04発を待っていたが、10分経っても来ない。
仕方なく歩いていたら16:15頃にむなしく追い越していった。
町民だけのモノか一般も乗れるかは不明です。ハイエースが走ってました。
P1010965

<切り通しが感じ良い「福井峠」>
P1020008

<旧野上電鉄の終点にあるバスターミナル>
14年前の1994年に廃止された野上電鉄は、今は線路は残ってなく、歩道や車道になっていた。
鉄道の代わりのバスに始発のJR海南駅から終点の登山口まで乗車したが、往復とも半分の区間が私一人であった。
運転手さんは大変親切で、登山道の近道を丁寧に教えてもらった。感謝
P1020009

<JR海南駅17:55発の紀勢線・和歌山行き>
P1020010

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »