リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでのセンスのよい写真とコメントが満載です。
  • いそしずのライナーノートⅡ
    情報通の「いそしず」さんはブログからの書籍の出版もされている方で、タイムリーで素敵な記事が満載です。
  • 自転車・温泉そしてビール
    「jion-bee」さんは自転車やトレランで、おいしいビールと温泉のために素敵な汗をかいておられます。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がん情報発信サイト。 日本の前立腺がんに関して最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、また新たにサイクリングや写真も始められました。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。(現在治療はされていません)

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 雌岡山 | トップページ | 生石が峰 »

2008年8月31日 (日)

かっとび伊吹'08(マラソン)

夢高原かっとび伊吹2008(滋賀県米原市・08年8月31日)

 

24時間テレビで「えど」さんも頑張っておられましたが、私も昨年に続いて2度目の伊吹山に行ってきました。
天気予報では雨の確率70%だったのですが、ほとんど晴れ。その分とても暑かったです。
結果は昨年より5分遅れでしたが、完走できました。

 

<スタート5分前>
バックが伊吹山山頂。見上げると高い。
Cimg0002

 

<2合目付近>
パラグライダーのためなのか鯉のぼりがそよぐ。
とにかく日差しをさえぎるものがなく、暑い!
Cimg0003

<後ろは琵琶湖>
この辺りから景色が良くなる。
Cimg0004

<結構、急です>
Cimg0005

<ススキの中を登る>
上部はガスに煙る頂上。
Cimg0006

<7合目の給水ポイント>
山岳レースで、水も担いで上がるためスタッフも大変。
ここでは水の量が限られるので、見込み生産でなくて受注生産。(ほしい人がいた時のみ紙コップに注ぐ)
Cimg0008 

<山頂ゴール>
Cimg0015

<山頂のゴール後の給水>
左後ろがヤマトタケル像。
Cimg0012

<標高1,377mのゴールにて>
後ろがゴール。スタートが標高180mなので、標高差は1,157m。
6月にあったみかた残酷マラソンの約3倍。暑さも厳しいのでちょっと過酷。
Fcimg0013

<山頂の山小屋>
大変に賑わっている。
Cimg0014

<ソフトクリームは各小屋で行列していた。そのほとんどがランナー>
Cimg0020

<海の家ではありません>
Cimg0025

<山頂より伊吹ドライブウェーを望む>
後ろは関ヶ原方面
Cimg0018

<ススキ。後ろはみごたえのある琵琶湖の景色>
Cimg0026

<高山植物もまだ残っている>
Cimg0027

Cimg0029

<高度感のある9合目付近>
ゴール後の下りも結構長く感じる。
Cimg0030

<山頂を振り返る>
天気はだんだん良くなったが、その分暑い!
Cimg0034

<帰路>
滋賀県で開催しているけど、取材は中日新聞や東海ラジオ。
生活は名古屋圏なのでしょうか?
Cimg0041

<帰路の下り米原行き特別快速電車>
朝、神戸線で人身事故があり、スタートに遅れるかと思った…。
今回も青春18切符を使用したが、夏休み最後の休日でこの後の新快速は通路も一杯。
米原からは座れたので爆睡。
Cimg0042

« 雌岡山 | トップページ | 生石が峰 »

コメント

凄いですね。昨年より5分遅いだけ。結構参加者がありますね。走りながら、よく写真を写していますね。
私は20歳過ぎの頃、大阪窯業セメントで3年後輩2人と手待ちになったので誘い、伊吹山に登りました。
頂上に大和武の碑があったのを覚えています。
9/7六甲全中の紙、貰ってきて、9/9持って正門に寄せてもらいます。
大阪窯業セメントの工事は面白いことが沢山ありました。
又、お会いしたときに。

今年は、頂上までの部で参加者790名で、完走者737名でした。
昨年と順位はほとんど変わらずでしたが、歳のせいとは思いたくないですねえ。(笑)
薄くて軽いデジカメを持って走ったのですが、入れていたウエストバックが汗で白くなっていました。顔、腕、脚も白い粉(塩)が…。
まあ急坂は走れないですし、ほとんど追い越せない(追い抜かれない)ので登山しているようなもんです…(^_^;)
それにしても、運営のスタッフが本当に気持ちが良いです。感謝感謝とご苦労様でした…です。

真夏の炎天下によくも走りましたね。実に驚きで敬服します。
熱中症の症状は出ませんでしたか。
小生は、先にお知らせしました「南アルプス・荒川三山-赤石岳」は土砂崩れでバス通行不能のため、急遽、新潟県の「火打山-妙高山」と石川県の「白山」に登ってきました。高山植物が最高の見ごろでした。
9月から「みれあ山歩会」再開しますので、都合よければ参加ください。(13日の予定です)
今回は、涼を求めて六甲・森林植物園近辺にしようかと思いますが、外にいいところがあればご教示ください。
では、残暑まだまだ続きますので、お身体ご自愛ください。

泉さま
コメントありがとうございます。
伊吹はとにかくビールを飲むことだけを考えて登ってました
南アルプスは残念でしたね。私の会社で隣に座っている者が、泉さんのご予定していたコースにお盆に行ってきたようです。でっかい富士山の遠望、南アルプスの雄大さに感激したようです。
私はお盆は休みが取れなかったのと天気も良くなかったので、予定していた白山には行けませんでした。クロユリも見たかったのに…。
暑中見舞いをいただいていました。ご返事も出さずにすみません。
9月13日は所用で行けませんが10月は是非参加させて下さい。よろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かっとび伊吹'08(マラソン):

« 雌岡山 | トップページ | 生石が峰 »