リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでの素晴らしい写真とコメントが満載です。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がんの情報発信サイト。 日本では最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、サイクリングや写真も取り組まれています。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の前立腺がんの「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。
無料ブログはココログ

« 長良川鉄道 | トップページ | 西光寺山 »

2008年2月 2日 (土)

愛宕山(京都)

冬の愛宕山≪08/2/2≫

阪急嵐山駅8:45→楽柿舎→化野念仏寺→試峠→清滝→水尾の別れ→黒門→愛宕神社11:45(昼)12:15→月輪寺→清滝(バス)→阪急嵐山駅13:45

以前から落語は聞いていて、一度行ってみたかった山です。
嵐山の裏山くらいに考えてたけど、登り口(阪急嵐山駅)が標高100m台なので、結構登り応えがありました。

愛宕神社は、愛宕山(標高924メートル)の山頂にあり、全国約900社の愛宕神社の総本社。
「3歳までに参拝すると一生火事に遭わない」そうです。
落語の『愛宕山』に出てくる「かわらけ投げ」は、どこにもなかったです。
(近くの高雄山の神護寺でやっているそうです)

落語の中で、立場は違うが京都人と大阪人のやりとりが面白い。
山のない大阪人は「大阪にも天保山などの山はある」というが、「そんなものは地べたのデンボ(できもの)」と…。「愛宕山なんて二つ重ねてケンケンで上がったる」と…。
…てなかんじで、電車の中でウォークマンで桂米朝の落語を聞いて行きました。(^^

山頂で積雪30cm。圧雪されているので、アイゼン必携。
阪急三ノ宮から「阪急阪神1dayパス(1,200円)」を購入。(片道600円やから一緒ですが…)
雪のせいもあり、楽しめました。

<愛宕神社手前の階段>
Sp1000549


<愛宕神社①>
Sp1000543

<愛宕神社②>
Sp1000547


<山頂付近より京都市街>
Sp1000552

<下山後の嵐山>
奥は、美空ひばり館。人力車多すぎ~。
Sp1000556

<中之島地区>
Sp1000568


<渡月橋と愛宕山(後ろの一番高い山>
下界に雪はない
Sp1000566

« 長良川鉄道 | トップページ | 西光寺山 »

コメント

冬の愛宕山、静かな雰囲気が伝わってきます。私は去年の7月に歩いてみました。大江山は02年の2月にスノーハイクのツアーで登りました、もうすぐスノーシューの季節ですね。

ありがとうございます。
登ってみて初めて気がついたのですが、渡月橋から山頂がはっきり見えるのですね。

スノーシューは欲しいと思っています。昨シーズンに買おうかなあと店まで行ったのですが…。
今は山スキー(やったことない、やってみたい)よりも、スノーシューが流行なのでしょうか?
やはり「わかん」よりも「スノーシュー」の方が性能がよいのでしょうね。和風で味があると思いますが…(笑)。

ちゅた 様

「わかん」は履いたことがありませんが、スノーシューに慣れてしまうと雪山や雪原では手放せなくなります。上高地の河童橋付近をハイクするツアーは最高でした。

メールアドレスが届いていれば、直接メールを送ってください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛宕山(京都):

« 長良川鉄道 | トップページ | 西光寺山 »