リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでの素晴らしい写真とコメントが満載です。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がんの情報発信サイト。 日本では最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、サイクリングや写真も取り組まれています。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の前立腺がんの「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。
無料ブログはココログ

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月26日 (日)

かっとび伊吹'07(マラソン)

伊吹山のマラソン <2007/8/26>
《1,377m 岐阜、滋賀県》

伊吹山は標高1,377m、ヤマトタケルが登場するという山で、日本百名山、薬草の宝庫として有名です。
お盆明けの残暑きびしい、まじできびしい8月26日に「夢高原 かっとび伊吹」というマラソン大会に行ってきました。
過去には間寛平氏が参加したり、また熱中症による死亡者も出た事があるそうです。(恐)
一人で参加したので、神戸から近江長岡まで金券ショップで購入した青春18切符を利用しました。
スタートは標高180m、頂上は1,377mで標高差1,157mを一気にかけ上がります。


<山頂付近のお花畑>
Sdscn7824

<ゆりの仲間>
Sdscn7827

<3合目より頂上を望む>
 見上げる山頂の高度差感は結構なもの、でもまだ約半分が残っている。
Ts2b0190

<マラソンゴール>
Sdscn7909

 

<米原市HPより>
Katobikouteisa



っといっても、走れるのは最初の林道部分くらいで、後は登山って感じ…。
結果はとりあえず制限時間(2時間30分)内に完走できました。
私のタイムは…まっいっかぁ~♪
朝のスタート時の気温が32℃で、とにかく暑さとの戦いでした。
暑さを感じなくなるのは、7合目位からでしょうか。山頂は標高の割には快適に感じる温度でした。
このマラソンのもう一つの特徴は、ゴールした後の帰り道をまた「下山」しないといけないことです。3合目からは、ゴンドラに乗ることが出来ます。
でも良かったぁ。何がって…後のビールですわ~!!!お約束やもんねっ。

来年も行くぞぉ!
出走者846名、完走者769名でした。

2007年8月15日 (水)

三伏峠から荒川岳~赤石岳

南アルプス中部縦走<07年8月12日~15日>
《Max3,141m 静岡、長野県》

【12日】自宅…鳥倉林道P,2:15(車中泊)
【13日】鳥倉林道P,5:20…三伏峠8:00…烏帽子岳8:45…小河内岳9:55…板屋岳…高山裏避難小屋13:00(テント泊)
【14日】高山裏避難小屋2:40…荒川前岳5:00…中岳5:25…東岳6:35(ピストン)…荒川小屋8:20…大聖寺平…小赤石岳…赤石岳10:35…荒川小屋12:55…中岳分岐14:15…高山裏避難小屋16:20(テント泊)
【15日】高山裏避難小屋5:30…板屋岳…小河内岳8:00…烏帽子岳9:20…三伏峠10:15…鳥倉林道P12:50
下山後、「鹿塩温泉」入浴

<単独、テント泊>

 

 

 

1日目 【13日】鳥倉林道P→三伏峠→高山裏避難小屋
■三伏峠鳥倉林道終点Pは、標高1,630mでラクチン。
  感じのよい峠、テント場からの展望よし。
Sp1000030

■塩見岳烏帽子岳からの塩見岳
  今回の縦走コースの中では一番大きく、かっこよく見えるポイントと思う。Sp1000032

■小河内岳①
  避難小屋を望む、感じのよいコースで平坦に見えたが意外とキツイ。
Sp1000036

■小河内岳②
  頂上、単独テント行のため、初日はリュックが肩に食い込む。
Sp1000040

■高山裏避難小屋テント場
  マンション住まいとしては、夢の一戸建て。
Sp1000051

【2日目 14日】高山裏避難小屋→荒川三山→赤石岳→高山裏避難小屋

■中岳より東岳、富士山①
  朝、2時40分に出発したおかげで、日の出に間に合う。
  壮観!(5時05分撮影)
  ※クリックで拡大
P1000061

■中岳より東岳、富士山②
  同じく雲海。
  ※クリックで拡大
P1000062

■富士山と雲海
 ※クリックで拡大
P1000072 

■中岳-荒川小屋間①
  斜面に可憐な花。
  ※クリックで拡大
P1000083


■中岳-荒川小屋間②雷鳥の親子連れ
  (荒川小屋はスイカを売っているのと、水が豊富でテント場は富士を望む絶景でした)
Sp1000090

■大聖寺平手前
  小赤石岳を望む、爽快なプロムナード
Sp1000093

■赤石岳頂上
  少しガスがわいてきたが360度絶景右は避難小屋
Sp1000100

■標高3,120mのセミ
  腕に止まったセミがなぜか逃げようとしない。
  この後、本日の14時間弱の大縦走が無事完了。
  (朝2時40分に出発し、高山裏のテント場に戻ったのが16時20分)
Sp1000104

【3日目 15日高山裏避難小屋→三伏峠→鳥倉林道P】

■高山避難小屋
  一見恐そうな小屋のご主人(すみません)でしたが、結局とっても感じよかったです。
  ありがとうございました。
Sp1000111

■富士山山頂
  バカちょんカメラですが、デジタルズームを加えて最大にアップした。
  もう少しで人が見えるかなぁ
Sp1000118

■北アルプスを望む。
  槍、穂高一望。
Sp1000112

■三伏峠
  左に行けば、あこがれの塩見岳右は今回の荒川岳方面。
 下山後は、大鹿村の鹿塩温泉で一風呂。ホントに塩味。
  好天続きのおかげで日焼けがしみてしみて!
  でも満足、満足の山行でした。
Sp1000135

2007年8月 3日 (金)

お茶の水

お茶の水・秋葉原(東京・07年8月3日)

埼玉へ出張の帰路、お茶の水と秋葉原へ。
青春時代の思い出の場所で毎日のように会社帰りに立ち寄ったお茶の水。
オーディオや電気製品が好きで、用もないのにぶらついたアキバ。
当時はメイド喫茶やフィギア等はなかったが、やはりマニアックな方が沢山いた気がする。
メイド喫茶とメイドさんを初めて拝見。(入ってません)
(撮影は携帯電話)

<JR御茶ノ水駅ホームから聖橋を望む>
以前、この橋の上からレモンを投げた歌があった
けど、その時から電車の色も変わってしまった…。
また当時通勤に利用した地下鉄丸ノ内線が橋の下を
通る。電車も新しくなった。
Ts2b0180

<JR御茶ノ水駅ホームからお茶の水橋を望む>
Ts2b0181


<聖橋より神田川、お茶の水橋を望む>
Ts2b0184

<駅の東口から出たところ>
ただの駅前であるが、結構思い出の景色。
Ts2b0182

<ギター教室>
Ts2b0183

<改装後初めての羽田空港、昔の面影はない>
往路は新幹線、帰路は飛行機
今日は金曜日。昔は新幹線でシンデレラエキス
プレスってってのがあったが、今は飛行機にも…。
別れを惜しむ中年のカップルがいた(^_^;)。
Ts2b0185

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »