リンク

  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでの素晴らしい写真とコメントが満載です。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 滋賀医大小線源患者会
    私が治療を受けた、滋賀医大付属病院の前立腺がんにおける小線源治療の患者会のリンクです。
  • 腺友ネット
    入会している前立腺がんの情報発信サイト。 日本では最多の情報が掲載されています。
  • 山とカヌーの休日Ⅱ
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽、サイクリングや写真も取り組まれています。
  • YAMA HACK
    登山や山遊びに関する国内最大級のWEBメディアです。 私の写真も記事にしていただきました。
  • 岡本医師による小線源治療
    主治医である岡本医師の前立腺がんの「局所再発ゼロを目指した治療」の紹介です。
  • 八東ふるさとの森
    鳥取県にある有名な「森を楽しむ」町営の施設。 こちらのブログには私の撮った写真も載っています。
無料ブログはココログ

牡蠣の種類

BBQで焼き牡蠣をいただきました。
牡蠣は殻付きを炭で焼いていただくのが一番!

せっかくなので牡蠣に関する情報を集めてみました。
すると意外な面も…。




Dsc_0521
11月26日、炭焼きのBBQ+ビール。
殻付き牡蠣は近所の道の駅に売っていたもの。
たまりません!



Photo_20221208204401
意外と知らなかった「生食用と加熱用の違い」
加熱用は安くて美味しいらしい…。
なお、生食用の基準に新鮮さの項目はありません。
<クリックで拡大します>


◆なぜ牡蠣(かき)?
 収穫する際に岩から「かきおとす」ので「カキ」。

◆栄養たっぷり
 海のミルクといわれ、グリコーゲン、タウリンタンパク、亜鉛、カルシウム、ビタミンなど含有。

◆食あたり
 牡蠣にあたる原因のNo.1は「ノロウイルス」ですが、生産・販売にその基準はありません。
 あたる原因は…ノロウイルス、腸炎ビブリオ、貝毒、アレルギー
 発生時間による原因と症状
  ・食後30分:貝毒(下痢、吐き気、嘔吐、腹痛)
  ・食後1~2時間:アレルギー(じんましん、かゆみ、頭痛)
  ・食後数時間~2日:ノロウイルスか腸炎ビブリオ(発熱、吐き気、下痢)
    ※ノロウイルス、腸炎ビブリオは人に移す可能性がある。
    ※ノロウイルスの抗ウイルス薬はなく、対処療法となる。
 あたりやすい時期:12~1月(流通量の増加のため)
 一度あたったら、その後あたりやすくなることはないそうです。
 予防法:生食用を選ぶ、十分加熱する、殻に口をつけない。
 ※私はあたったことはありません

◆生産
 海水の酸性化や水温の上昇による牡蠣の生育不良が心配されているようです。
  牡蠣の養殖生産量(上位3県で国内の82%)
   1位:広島県 61%
   2位:宮城県 13%
   3位:岡山県 8%

◆シーズン
  ・牡蠣(真牡蠣)のシーズンは11月~4月(Rの付く月は9月~4月。ほとんど養殖もの)
  ・岩牡蠣は6月~8月(ほとんど天然もの)


意外だったのは、「生食用」より「加熱用」の方が安くて美味しいとのこと。
まあなんでもいいので「殻付き焼き牡蠣」を年に数回はいただきたいなぁ。