リンク

  • 風に吹かれ 私の思いつくままの日々
    いろはにこんぺいとうさんは、音楽や気軽な日々の出来事をつづられています。
  • ヤマレコ
    全国の登山の記録が集まっているデータベースです。 ブログとは違った内容も記載しています。
  • 自転車・温泉そしてビール
    「jion-bee」さんは自転車やトレランで、おいしいビールと温泉のために素敵な汗をかいておられます。
  • いそしずのライナーノートⅡ
    情報通の「いそしず」さんはブログからの書籍の出版もされている方で、タイムリーで素敵な記事が満載です。
  • 山とカヌーの休日
    「ころぼっくる」さんは、山歩きやカヌーの他、クラシック音楽もたしなむ多才な方です。
  • 一枚の写真
    「Newman」さんの旅や散策、山歩きでのセンスのよい写真とコメントが満載です。

ウェブページ

無料ブログはココログ

平湯温泉から乗鞍岳

【2017年10月8日・岐阜県高山市/長野県松本市・標高3,025m】

30年ぶりの乗鞍岳です。
2日前に初冠雪がありましたが、この時期は紅葉も楽しみです。

乗鞍岳といえば通常は標高2,700mの畳平までバスで行き、頂上までは1時間半位で登頂可能ですが、今回はふもとの平湯温泉からスタートです。

そうなると北アルプスの標高3,000m越えの結構な登山となり、標高差は1,700m、コースタイムは片道9時間15分とたっぷりです。

 

Cig_img008
スタートは平湯スキー場。
単調ですが、好天が望まれる朝は気持ちよいです~。
スキー場の草を食む羊さんは、朝からがんばっています。

しかしもうすぐ冬。この羊さんはさてどうなるのでしょう。
まさか…?

 

 

Cig_img017
スタート地点を望む。
我が愛車も見えます。
後ろは平湯峠への国道。

 

Cig_img024k
スキー場を1時間位で抜け、やっと登山道へ。

 

Cig_img026
朝の陽ざしに映えるダケカンバの美林。

 

Cig_img028k
鏡のような水面の「白猿の池」。

 

Cig_img030
笠が岳の勇姿。

 

Cig_img033
焼岳もこの方向からだとイメージが違います。

 

Cig_img040
笠が岳から抜け渡岳の稜線。

 

Cig_img044
今日も雲海がすてきです。

 

Cig_img050
草紅葉はきれいですが、今年の紅葉は台風の直撃のせいか今一つです。

 

Cig_img058
乗鞍大権現まで来ると森林限界を超え、大展望が待っています。

 

Cig_img063

 

Cig_img062

 

Cig_img068
槍ヶ岳が見えます。

 

Cig_img069
奥穂と前穂、吊尾根も真正面です。
穂高もまた行きたいなあ~。

 

Cig_img078
北アルプス大展望。

 

Cig_img080
やっと目指す乗鞍岳の頂上「剣が峰」が見えてきました。
(写真一番奥の突起)
それにしても空が大きく明るいコースです。         

 

Cig_img089
ウラシマツツジがきれいで す。

 

Cig_img094
空も雲海も景色も植生もきれい。

 

Cig_img099
ここで乗鞍スカイラインと一時的に合流。
マイカー規制で見事にがらがら。
自転車が1台走っています。

 

Cig_img108
双六岳を思い出します~。
この辺りまでの登山者は視界の中に数名かゼロ。
静かな山歩きでした。

 

Cig_img111
剣が峰まではまだ少しあります。 (写真の一番左)

 

Cig_img112
県境です。

Cig_img113
上の写真の反対側。
素敵な県境です。

 

Cig_img117
肩の小屋を過ぎると、畳平までバスで来られた方が大勢。
そのため部分的に渋滞が始まります。さすがに3連休。

 

Cig_img124

 

Cig_img126

 

Cig_img125
なんとか6時間50分で到着。ところが狭い剣が峰(頂上)の「惨状」は…。

 

あんき屋5:41→乗鞍権現社8:32~8:47→硫黄岳9:37→大黒岳10:54→富士見岳11:19→摩利支天分岐11:28→肩ノ小屋11:35→朝日岳12:11→蚕玉岳12:17→乗鞍岳頂上小屋12:23→乗鞍岳12:31→乗鞍岳頂上小屋12:40→蚕玉岳12:57→朝日岳13:02→肩ノ小屋13:28→摩利支天分岐13:37→不消ヶ池13:42→鶴ヶ池13:55→畳平13:59

 

登りのUP-DOWNも含めた累積標高は2,100mでした。
よく頑張りました\(^_^)/

日帰りのため、さすがに下山はバスを利用。
下山後に予定していた温泉の「ひらゆの森」は、3連休の大混雑で駐車場が満杯だったので、パスしました。

しかし畳平から頂上は渋滞するほどの人、人…。また狭い剣が峰頂上は写真を撮る人でいっぱい。あんな山頂は初めて見ましたが、早々に退散です。

久しぶりの3,000m峰の北アルプス。
好天に恵まれ、途中の硫黄岳周辺の広々とした空を感じる絶品のコース、数人しかいない静かな山歩きができました。
(山頂付近以外は…)